改正動物愛護法

2019年6月に改正動物愛護法が可決されました。

動物愛護法違反の厳罰化 (最大罰金500万円・懲役5年)

出生後8週を経過しない犬猫の販売制限

保健所・動物愛護センターでの犬猫引き取りを自治体が拒否可能

マイクロチップの義務化

  業者はマイクロチップの装着と登録の義務

  飼い主はマイクロチップ登録事項変更の義務

  既存の飼い主はマイクロチップの装着努力義務

獣医師は動物虐待を確認した場合の通報義務

 

等が可決されました。施行日時はまだ未定ですが、動物の不適切な取り扱いへの対応が法的に強化されております。