愛犬と一緒に Fun to Drive

いよいよ行楽シーズンですね。密を避けて愛犬とドライブに行きましょう。

安全なドライブには

助手席で犬を抱っこしていませんか?ケージに入れて床に置くか、シートベルトで固定しましょう。

急ブレーキを踏むと抱っこした犬は何倍もの重さになり、フロントガラスに激突するおそれがあります。

セカンドシートの所にワンちゃんを安全に乗せておけるペット専用シートもありますよ。

ミニバンやワゴンの最後部に乗せるときには温度管理が出来ているかどうか確認しましょう。

エアコンの送風が届いてますか?直射日光が当たってないですか?熱射病の危険があります。

犬がパワーウィンドウやドアを勝手に開けないようにロックをしましょう。チャイルドロックの活用をしましょう。

窓を開けての走行は論外です。窓から飛び降りる危険性があります。

犬は人よりも動揺に弱いです。より一層の安全運転で急発進急ブレーキ急ハンドルを控えましょう。

サービスエリアやパーキングエリアで

一時間ごとに休んで、車から降ろして遊ばせましょう。

ドアを開けた途端に飛び出さないようにリードをしっかり持ってから降ろしましょう。

パーキングエリアを走り回る子を見たことがあります。逃げてしまって車に轢かれないように気を付けましょう。

水を十分与えて、排泄も済ませましょう。マナーを守りましょうね。

犬の酔い止め

犬にも酔い止めがございます。動物病院にご相談下さい。

乗車1時間以上前に服用しましょう。

満腹でも空腹でも車酔いしやすいので気を付けて下さい。

躾け

基本的なことを守り、犬が嫌いな人とも好きな人とも共存できるようにしましょう。

公共の場で排泄をしない。きちんと呼び寄せが出来る。待て伏せが出来る。等は最低限必要です。

普段から大声で名前を呼ぶときは楽しいことが起こる!と条件付けましょう。

持ち物

複数のリードや胴輪や首輪を予備に持ちましょう。

いつものドッグフードと十分なを携帯して下さし。食べ慣れない物で消化不良を起こさないように。

旅行中には下痢をしやすいので、あらかじめ動物病院で胃腸薬を処方して貰うと良いかもしれません。

水入れや食事入れのも忘れずに車に乗せましょう。

酔い止め常備薬は持ちましたか?心臓病などの慢性疾患の子には特に重要です。

ワクチンの証明書やいつも服用している薬の名前のメモをしておきましょう。

観光地の動物病院

旅行先の動物病院をチェックしておきましょう。

カルテの無い突然の患者を拝見するのは大変な労力を要します。

病態や治療内容をきちんと説明できるようにしておきましょう。

かかりつけの先生に診断書処方内容書検査結果を書いてもらい持っていると良いと思います。

特に高齢の犬や持病のある場合にはあらかじめ確認しておき、何かの時に慌てないようにしましょう。

自然界には危険がいっぱい

ペットに危険な植物については当院のコラムを見て下さい。

生き物に関しては、ダニ・ノミ・ヒル等に気を付けましょう。駆除剤は投与済みですか?

特に海辺では、有毒生物が多いのでクラゲやイソギンチャクやカニを囓らないように。

川の水や海水を飲まないように気を付けて下さい。

熱射病や怪我にはくれぐれも注意して下さい。

愛犬は人の何倍も早く年をとります

出来ることは出来るうちに後回しにせずに、レッツゴー

では愛犬と家族で楽しい一時を過ごして下さい。

ただ、いつも運動不足気味の子は急にいつも以上に歩きすぎないようにして下さい。

万が一の迷子のためにもマイクロチップの装着と登録をしましょう。

旅行先で何かに驚いて逃げてしまい、帰って来られなくなるペットがおります。

♥きっと家族も愛犬も大喜びです。良い思い出を心に刻みましょう♥