福寿草の中毒

福寿草は毎年正月の中毒事故の中でトップクラスの死亡率です。

福寿草を代表としてアネモネトリカブトなどのキンポウゲ科の植物は一様に毒性が強いです。

アルカロイドを含み死亡の危険がありますので正月用の寄せ植えをご購入の際はくれぐれも飾る場所に気をつけて下さい。

食べたときにはできるだけ早急に動物病院で催吐薬の注射をする必要がございます。